2005年09月08日

悪徳の美学 バカ三十六計 其の二 敵戦の計

悪徳の美学 バカ三十六計 其の一 勝戦の計の続きです。やっぱり悪徳はバカに見えるほど美しい。今度、悪徳についてちゃんと書いてみたいです。


バカ三十六計 敵戦の計 六計 スタート。


●第七計 無中生有
無から有を生み出す。転じて虚から実を生み出す計である。

アクセスカウンターを設置し、自分で何千回もクルクルまわすことによって、自分のブログを一夜にして万人の読むブログだと思い込むことができる。また、この計を使うことによって、リテラシーのある人の再訪問を拒み、インターネットを良く知らない人たちの間で君臨することができる。これを無中生有の策という。



●第八計 暗渡陳倉
敵の目を陽動部隊にひきつけておいて、まったく別の要地を急襲奪取すること。

タイトルと出だしだけ物々しいトラックバックを送り、敵のアクセスを吸収せよ。内容はすっからかんでかまわない。敵の目をいかにタイトルにひきつけ、削除されるまでの時間をいかに稼ぐかがポイントになる。



●第九計 隔岸観火
彼岸の火事を見る。敵が内紛を起こしている場合は軽挙妄動せず、じっくり観察してから行動を起こすべし。

内紛を起こしているブログには、軽はずみにコメントを書いたりトラックバックを送らず、事の次第を逐一チェックすべし。紛争が収束した後にタイミングを見計らっておためごかしで余計なことを書き込めば、自分が英雄になった気分に浸れる。



●第十計 笑裏蔵刀
外面は友好的に装い、内面において陰謀をめぐらせること。こうすることで敵にとって当方の行動は電光石火に見える。

紳士然とした態度を装い、敵の信用を勝ち得て脇が甘くなったところを隙をついて大攻勢をかける。敵は怒りを通り越してあきれ返るので、一方的に勝利宣言を下して自己満足に浸ることができる。
自分の信用を失墜させても勝ちたい、恥も外聞もなく勝ち負けに徹する美しさの前には、敵は敗れ去るのみである。



●第十一計 李代桃橿
肉を切らせて骨を断つ。戦争には損害がつき物だが、彼我の損得を見積もって計算をすべし。

敵を攻撃するときに恥や外聞を気にしてはいけない。バカの烙印を押される損害を織り込み済みで敵を攻撃、沈黙させよ。そして、敵の沈黙を、自身の損害を上回る戦果だと信じ込め。



●第十二計 順手牽羊
隙を見て羊を盗む。転じてわずかな隙を突いておいしい思いをすること。強大な相手の隙を突いて利益を得ること。

わずかな隙も見逃さず、アクセスの大きいブログや話題の記事に、「TBさせてください」「○○さんの言うこと分かるわ〜」などの場当たり的で書くのに苦労しないコメントやトラックバックを送り続けるべし。こうすることで敵と戦わずとも自ブログにアクセスを流し込むことができる。



●敵戦の計 結び 「羞を包み恥を忍ぶはこれ男児」
以上六計が敵戦の計である。この中のひとつでも、「これは使える」と思ってしまったら、自分の心の虚しいことを認めなければならない。しかし、大恥をかき、不名誉なレッテルを貼られてもなお死して後已まんという覚悟のものは、そのまま突っ走って、世の好事家に話題を提供し続けるべきである。
posted by ちんこ寺 at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | webの恐怖 b_entry.gif

悪徳の美学 バカ三十六計 其の一 勝戦の計

三十六計のことが詳しく載っているサイトを見て、表題の件を思いつきました。
数日前トラックバック美学という記事で「べからず論」ではなくて「どうすればよくなるかを追求しよう」と書いた舌の根も乾かぬうちに「べからず論」です。
悪徳はバカであればあるほど、異様な精彩を放ちます。私は悪徳の美学に魅せられてしまいました。


バカ三十六計 勝戦の計 六計 スタート。


●第一計 瞞天過海
陰謀は悪巧みは、夜中にこそこそ隠れてやるべきではない。白昼堂々、人の意表を付いて行うべきである。

「うんこちんちん」に類するくだらないコメントを入れるのは夜ではなく、白昼堂々やるべきである。昼休みが終わった時間帯を見計らうとなお良い。夜勤業務のある職業でない限り、昼間は働いていてブログを見る時間がない人が多い。そして、たいていの場合、真昼間からそんなバカなことが起こるとは想定していない。

そこで、くだらないコメントは昼間に書けば、夕方まで削除されずに残り、衆人の目にさらされることになる。この策を使うことで、自分のバカをさらしつつ、敵の記事の品位を落とすことが出来る。



●第二計 囲魏救趙
故事:斉国の参謀孫子は、魏国に攻められた趙国を助けるため、直接魏国の野戦軍とは戦わず、魏の首都を囲むこと魏軍を撤退させ趙国を救った。

自分の行きつけのブログが粘着に絡まれて更新が滞っている場合、粘着がまともな反論のつもりでトラックバックを打ったりしている場合は、粘着のブログに乗り込んで、自身が粘着の権化となり、行きつけのブログの包囲網を解くべきである。

また、粘着が匿名の場合、粘着に成りすまし攻撃を与えて敵の関心をこちらに向けさせ、該当記事への攻撃から、「粘着」VS「成りすましアンチ粘着」の構図に切り替え、「決着をつけよう」といって自分のブログに陽動すべきである。



●第三計 借刀殺人
自分は手を下さずに、第三者を使って敵を攻撃させること。

ハレンチ☆パンチにむかついたので、オレンジレンジ応援サイトに「ハレンチ☆パンチをつぶせ」と書き込んでレンジファンに攻撃させようとするのは借刀殺人の計である。しかし、使い方を誤ると、借りようとした刀が全速力でこちらに向かってくることを覚悟せねばならない。



●第四計 以逸待労
逸をもって労を待つ。自分は十分に休息でき、敵が日に日に疲労していく状況を作り出せ。

web上の言い争いで相手に勝つためには、論理的な思考よりもむしろ、気力体力の充実が不可欠である。そのためには、現在の職を辞して無職になり、24時間自由に使える状況を作って、敵を奔命に疲れさせなければならない。
こちらが24時間いつでも寝られるのに対し、敵は夜の睡眠時間を削って応戦するので疲れていく。こちらは24時間いつでもコメント欄やトラックバックでくだらない罵声交じりの反論を書き込めるが、敵は夜しか書き込めない。
これが逸をもって労を待つの極意である。しかし、この場合のweb上の「逸」は、現実生活においてはなはだしい「労」となり、生活を破綻させる危険な策略だ。



●第五計 趁火打劫
敵の不利益が大きければ、こちらはそれに乗じて利益を取るべきである。

もめているブログに乗り込んでいって、自ブログのURLを貼り付けながら、さらにもめるようなコメントをたくさんつけてアクセスを取り込むのは趁火打劫の計である。アクセス至上主義者の脳内は、良いアクセスも悪いアクセスも無く、アクセスが増えれば即ち真であり、善であり、美なのだ。



●第六計 声東撃西
敵の指揮が乱れている場合は、陽動作戦でさらにかく乱すべし。

アクセス至上主義者が使用してめったに成功しない究極奥義である。
「楽して30万稼ぐ秘訣はこちらをクリック」などといってアクセスランキングに誘導するのは
声東撃西の計である。この場合、管理人はただ周りを省みない利己主義なだけで、訪問者をかく乱する意図は無いが、結果的にかく乱したことになってしまう極悪非道の計である。



●勝戦の計 結び 「バカの考え休むより魔多し」
以上六計が勝戦の計である。この中のひとつでも、「これは使える」と思ってしまったら、襟を正してプロバイダとの契約を解除し、回線を切ってPCをリサイクル業者に売り渡し、二度とインターネットに接続してはならない。
posted by ちんこ寺 at 12:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | webの恐怖 b_entry.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。