2006年01月16日

居合いの間

『斬(ざん)』:このブログの存在価値を考えさせられた を読んで思ったことです。

 ブログの存在価値などを考えてはいけません。もともとブログなど余計なもので、価値などないからです。価値があると錯覚するから迷いが生まれ、わけが分からなくなってしまうのです。はじめから自分は無価値のものを道楽でやっているというはっきりした自覚があれば、迷うことはありません。



■居合いの間
 
 要は居合いの「間」なんです。迷いがあれば次の瞬間首を刎ねられます。迷いを生じさせない、あるいは断ち切る修練が必要です。

 私はいつもそういう気分でブログをやってます。面白いですよ。ブログは格好の練習台ですよ。

 たとえば自分が書こうと思っていたことと同じ内容を他の人が書いていたとする。そうしたら、どういう変更をすれば違うものになるかを急いで考えるんです。早くしないと他の人がガンガン記事を上げて自分に許される発想の幅が狭まって行く。そういう場面になったら、決断をするんですね。今まで温めてきたものを生かすか、思い切って捨てて別のものを探すか、その判断のスピードを、どんどん上げて行くんです。コメントの返事をどうしようかとか、トラックバックしようかすまいかとかにもこの間は当てはまると思います。

 決断が正しかったか間違っていたかはあまり重要ではありません。どれだけ早く迷いを振り切って方策を立てられたかが重要なのです。ブログはよほどバカなことをしない限り、間違った決断をしたからといって実生活に深刻な影響を及ぼしませんから、「間」の練習にはもってこいです。

 だから、自分のブログの存在価値などという、有って無いようなものを考える時間は非常にもったいないと思いました。「間」の練習をしたほうがいいです。



■souryuuseiさんに提案:副題を変えませんか?

 ものすごい大きなお世話を言います。
 前々から気になってたんですけど、副題の「とりあえず… 斬っときますか」というのがメインタイトル『斬(ざん)』にあっていません。具体的にいうと、白刃で斬るのに「とりあえず」はありえません。斬るか斬られるかのどちらかで、とりあえずという気持ちの者は真っ先に斬り殺されます。「斬りますか? 斬られますか!」だけでいいと思います。

 ついでに、私だったら副題はこうします。一番下を推奨。
・『斬(ざん)』また下らぬ物を斬ってしまった…。
・『斬(ざん)』元斗皇拳秘奥義・黄光切斬
・『斬(ざん)』先んずれば人を制す
・『斬(ざん)』0.17秒……互角か…!


 くれぐれも真に受けないように。
 

posted by ちんこ寺 at 01:46 | Comment(3) | TrackBack(0) | webの恐怖 b_entry.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。