2006年01月23日

はてなに片足突っ込んだら抜けなくなって困っています

LSTYさんのあんたジャージでどこ行くの:mixiってほんとにアホばっかりだを読んで思ったことを書きます。もちろん私もmixiにはバカが多いと思いますが、そのことを書きたいのではなくて、はてなについてですよ?

はてなグループを作ったんです。

 なんかはてなに片足突っ込んだら、どんどん深みにはまっているようで怖いです。また、はてなの商売はうまいと思います。今回はじめてはてなグループを作ってみたんですか、ヘルプを一生懸命読んで四苦八苦しながら作りました。作り終えた達成感の中、「はてなって顧客をこき使うのがうまいな」としみじみ思いました。
 そして「なんでこんなに四苦八苦して作らなきゃならなかったんだろう?ヘルプはあんまり親切じゃないし、手取り足取りって感じじゃないし、なんで途中で投げ出さなかったんだろう?」と不思議に思いました。



■はてなは作る楽しみを錯覚させるのがうまい

 多分はてなは、顧客が自分で物を作っているという楽しい錯覚を抱けるようなレールを敷くのがうまいんですよ。はてなブックマークとか、キーワードとか、グループとか、みんな顧客が喜んで手間をかけて作ってるでしょ?そういうところがうまいよなあ。多分玩具メーカーになってもはてなは成功するんじゃないですか?



■このまま抜け出せなくなりそうで怖いです

 もちろん私はSeesaaの放任主義というか、悠々と迫らぬ大人の風格が大好きで、それではてなのサービスを多用しながらSeesaaを使ってるんですよ?
 でも怖いですね。はてなのサービスを使いこなすようになればなるほど、抜け出せなくなりそうです。はてなって居心地はよさそうだけどずっぽりはまると視野狭窄になりそうで怖いです。

 そこではてな様には、そういう怖い感覚を払拭するような仕掛けを作って欲しいのです。あれだけ顧客に幻を見せ続け、こき使えるはてな様ならできるはずです。そうしたら私は完全に抜け出せなくなるでしょう。恐ろしいことです。
posted by ちんこ寺 at 23:11 | Comment(12) | TrackBack(1) | はてな b_entry.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。