2006年03月16日

再びきょうからぼくはうたよみになりました

■ソロモンよ、私は帰ってきた

 はてなブックマーク‐不備日報: きょうからぼくはうたよみになりましたのid:yumizouさんのコメントが面白かったので、それに答えます。以下、id:yumizouさんのコメント。
正岡子規が好きなのに短歌。僧正遍昭「おとめのすがたしばしとどめむ」らしき部分はカットして、「早春の」を「早乙女や」とかにしたらいかが?(女のコ、若くなっちゃうけど)
 正岡さんは俳句のイメージが強いですね。でもよくよく見ると俳句も短歌も両方ともやっていて、他にエッセイもたくさん出しています。私は今「墨汁一滴」というエッセイを読んでいるのですが、かなり面白いです。短歌論や自分の人生についてといったものから、朝風呂禁止論や漢字の誤字の指摘など、じつに多彩な内容で、この人まじめくさった顔写真で損しているなと思えるほどです。

 僧正遍照の件は大きな声で言わないでください。インスパイアされまくった事がばれてしまうではないですか?また、早春についてはさっきの記事に書いたとおり、気に入りません。早乙女やはさらに気に入りません。気取っているようで嫌です。これは私の好みです。
 また、下の句ははずせません。なぜならば、この歌の本来の趣旨は、nanaさんの「全裸」発言で受けた劣情をゆがんだ形で発揮するものだからです。字面だけ見ると露出狂かストリーキング愛好者のようですが、実はマゾの歌なのです。夜風にちんぽこをなぶらせながら女性をみつめる変質者の歌を詠んだ私は、同時にそれを読んだnanaさんに蔑みの目で見られる自分を想像することで救いを得るのです。そういう歌なのです。視姦する男の姿を読姦してもらいたいという、そういう歌なのです。

 また、この記事のタイトルのつけ方は、正岡さんの「歌よみに与ふる書」からインスパイアされまくった事を表明いたします。
posted by ちんこ寺 at 01:00 | Comment(7) | TrackBack(0) | 博物誌 b_entry.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。