2006年05月04日

汝、文字の奴隷となるなかれ。

■感動した

 諸君、諸君らは文章を書くときに、どれだけの情熱を傾けて書いているだろうか?一つの記事を書くのにどれだけのエネルギーを注いで書いているだろうか?そういう問を投げかけてくれるのが「弁償するとき目が光る」というブログの、下記のエントリーだ。

・はてブでブーブー言ってるブックマーカーがアホ過ぎる件、あるいは唯石へのラブレター
・はてブでブーブー言ってるブックマーカーがアホ過ぎる件、リターンズ
・はてブでブーブー言ってるブックマーカーがアホ過ぎる件、そしてトラックバッカーが素にも程がある件
・はてブでブーブー言ってるブックマーカーがあいかわらずいちいちアホ過ぎて失望した件

 これらの記事は、はてなブックマークのコメントに返事をするという形式で書かれている。そして、これらの記事に対するはてなブックマークの反応が以下の様である。

・はてなブックマーク‐はてブでブーブー言ってるブックマーカーがアホ過ぎる件、あるいは唯石へのラブレター
・はてなブックマーク‐はてブでブーブー言ってるブックマーカーがアホ過ぎる件、リターンズ
・はてなブックマーク‐はてブでブーブー言ってるブックマーカーがアホ過ぎる件、そしてトラックバッカーが素にも程がある件
・はてブでブーブー言ってるブックマーカーがあいかわらずいちいちアホ過ぎて失望した件

 ここまでリンクを貼って、非常にめんどくさかった。普通だったらこんなめんどくさいことはやりたくないのだが、どうしてもこのブログの一連の記事について書きたくてリンクを貼った。また、私は最近のめりこむようにプレイステーションのソフト「ギレンの野望 ジオンの系譜」をやっていたのだが、それをプレイすることを一時中断してでも書きたいと思った。いや、思わされた。
 それほど心動かされた。



■なぜ感動したのか?

 なぜ感動したのかというと、文章から感じ取れる勢いや情熱、それと文章を書くことに対する心意気のためだ。向こうの記事の言葉を借りると以下のようだろう。

ブーブーうるさい豚共め、おまえらはその一行レスに魂を込めているか?



■これらの記事に対する反応が非常に残念だ

 それに対してはてなブックマークの反応はどうしたことだろう?これだけ文面から勢いと情熱を感じさせる記事に出会ってブックマークしておきながら、釣りだの電波だの構ってちゃんだのと、そんなことしか言えないのか?そんなものしか生み出せないのか?なぜ文面から感じられる勢いというか、情熱というか、プレッシャーというか、とにかくそういう力強いものに対して正面から相対しようとしないのか?
 確かにブックマークのコメントの中にはまともなものもある。しかしブックマーク総体としてあまりにも貧弱すぎる。

 また、はてなブックマークだけでなく、ブログに記事を書いて反応している人もいた。

日々是自己主張の中の人‐なんだ、面白いじゃんかさ。
歓楽叶わぬ納骨堂庭園‐その言葉は己自身に返ってくるものだ
歓楽叶わぬ納骨堂庭園‐あなたに惚れた
煩悩是道場‐ウエブログで自分以外の全てを否定し続ける心理

 これらの人たちは、一連の記事を読んで、はてなブックマークにコメントをつけて済ますのではなくて、自分のブログに記事を書いてきたという点で、はてなブックマークにコメントをつけて済ました人たちよりはよっぽど真剣に受け止めた人たちで、そういう心意気は大切なものだと思う。しかし、非常に残念なことに元の一連の記事に勝る情熱や心意気を感じさせるものはなかった。

 そして、いくつかのブックマークのコメントや、ほとんどの言及記事において、あの一連の記事が単なる罵倒芸や目立ちたいだけの記事だと思われているのが残念でならない。あそこまで熱のこもった記事を読んで、なぜそういう風に簡単に片付けてしまえるのだろうか?心の感度が磨り減ってしまっているのだろうか?



■枝葉を論じるな、心意気を感じろ

 おそらく、あの一連の記事を単なる釣り、目立ちたがり屋、罵倒芸とだけしか感じられない人は、文字の奴隷なのだと思う。文字を読むことに慣れすぎてしまって、文章の表面上の意味に囚われ、文字の列の奥にある人間の生の感情の手触りを感じ取れないようになってしまっているのだと思う。もしかしたら感じ取れないのではなくて、感じ取りたくないのでそうしないだけなのかもしれないが、どちらにしろ同じことだ。

 あの一連の記事は単なる罵倒芸で目立とうとする薄っぺらなものではなく、中途半端な適当な気持ちで何かを評価し、断定して分かった気になるということの愚かしさを、ああいう形で表現しているのだと思う。

 人を見るときに、安易な決め付けで理解したつもりになっていないか?何かを読んで、見て、聞いて判断する時に、どれだけの熱意と慎重さを持って判断できるか?適当に通り一遍の解釈をして得意になっていないか?実際に体験もせずに生半可な知識をひっさげて先生面してはいないか?枝葉末節に囚われて本質を見失っていないか?人が作ったやり方を自分の血肉とする努力をせずに安易に流用して満足していないか?

 私はあの一連の記事を読んで、文面の勢いの奥にそういう問いかけがあるという風に思った。確かに罵倒の対象になれば誰だって腹が立つだろうし、そういう表面的な言葉の力に惑わされて頭がカッカしてしまうこともあると思う。しかし、頭にきたからといって、ちょっとむかついたからといって、安易に字面の表現に噛み付いても何の益もない。自分にはすぐに受け入れられないものと出会ってしまったとしても、それを拒否するのではなくて、適当な理屈を当てはめて片付けるのではなくて、正面から向き合うことが一番自分のためになることだと思う。
 なぜ自分はあの記事でムッときたのか?ムッときた理由はなんだ?という風に考えることからはじめないと、いつまでたっても前進はない。

 ああいうインパクトのある記事に出会った時はチャンスなのだ。そういうときにこそ自分の視野を広げる手がかりを見つけることができる。汲々とした言い訳をしたり、適当な理屈をつけて片付けるだけでは何も得るものはないし、良いものを生み出せない。あの一連の記事にコメントなりトラックバックなりの何らかの判断を下した人間は、自分自身について判断を下しているのと同じだと考えなければならない。罵倒がどうこうとか、そういう卑小な問題ではない。自分のコメントを思わぬ人から、思わぬタイミングで評価されたときに、自分はどれだけ相手の言うことに耳を傾けられるだろうか?傾聴できるだろうか?それを問われているのだ。
posted by ちんこ寺 at 23:35 | Comment(2) | TrackBack(2) | webの恐怖 b_entry.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。