2006年07月17日

サド侯爵の「閨房哲学」を買いました

■サド侯爵の本を買いました

 家の近くの本屋の河出文庫のコーナーでたまたま澁澤龍彦訳のサド侯爵シリーズを見つけたんですが、立ち読みしてみると、本当にすごいですね。何かすごすぎて、満足に著作を読みきってもいないのにその感動を不特定多数の人に知らせたくて書き始めました。サド侯爵という人物についてはWikipediaを見てください。

 サド侯爵の本はまだ何冊かをちょこっと立ち読みし、一冊買って読み始めただけなので、詳しく書くことはできませんが、一番印象に残ったのは「ソドム百二十日」という作品の中で、延々と登場人物の陰茎の差し渡しの長さと直径、または外見上の特徴を書き連ねている部分です。はじめてみたときはびっくりしましたよ。こんなにひどい着眼点でものを書く人間が200年以上前にいたということに、自分が人類であることに誇りをもてる気持ちにさせられました。

 また、少し読み進めてみてわかったのですが、このサド侯爵という人物はただの変態ではなく、当時としては非常に先進的なものの考え方をする人物だというのが何となくわかってきたんです。登場人物の言うもはばかられるいかがわしい言動の中に、非常に近代的なものの見方がちらほら現れているんです。先日買った「閨房哲学」のなかでも無神論について登場人物が半裸でいかがわしいことをしながら語りだす場面があるのですが、その内容の深さに驚きました。詳しく言いませんがとにかくすごいなと思ったんです。ただの変態じゃないです。

 はじめはサド侯爵本をいくつか立ち読みしてその変態さ加減に驚いて買ってしまった「閨房哲学」という本ですが、これは想像以上にすごい本を発見することができたのではないかと今からわくわくしています。読み終えた後にまた書く気になったら、ぜひともこのブログに書いて、自分の感動と発見を再び不特定多数の人たちに知らせたいと思います。
posted by ちんこ寺 at 22:32 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。