2006年08月26日

気持ち悪い壁に対する違和感と憎悪と嘲笑

子猫殺しに関するサド侯爵の見解

 これを書いたのは、今話題になっている子猫殺しの話の背後にある何か気持ち悪いものを、サド侯爵の視点を通して愚弄嘲笑してやりたいと思ったからなんですが、あんまり多くの人に読まれなかったので失敗でした。

 なんか作家の子猫殺しを弾劾する人たちの書いた物を眺めていたら、世の中に存在する分厚い壁みたいなものを感じたんです。そこでサド侯爵に思い当たったんです。サド侯爵はその過激な思想のせいで精神病院や牢獄にぶち込まれ続けた人なんですが、著作を見る限り彼は間違いなく変態であるけれども同時に明晰な頭脳と近代的発想の持ち主で、どう読んでも本物の狂人とは思えなかったんです。それを精神病院に閉じ込め続けた世の中の壁のようなものを、作家の子猫殺しを弾劾している人たちの書いたものに対して感じたんです。

 それで、そういう壁に私はすごく気持ち悪さというか違和感というか憎悪を感じたので、そういう壁を嘲笑するものを何か書きたいと思ったんです。でもただお前ら気持ち悪いっていうのを理屈で塗り固めてくそまじめに書いても壁を作っている人間と同じ事をしているだけでもっとも忌避すべき書き方だと思ったんです。

 そこで24日の記事を書いたんですが、あまり読まれなかったのでうまくいきませんでした。ただ、興味深かったという感想をもらえたことと、はてなブックマークのお気に入りが一人減ったこと(24日の記事に怒ってお気に入りから削除したとすればの話ですが)の2点は、ものすごく勇気づけられるというか、自分にとって収穫だったと思います。


posted by ちんこ寺 at 23:37 | Comment(6) | TrackBack(0) | webの恐怖 b_entry.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。