2006年01月07日

書生さん、がんばってください

■感動した。

 大学生が考える人生哲学:コメント&トラックバック論 〜一切削除しません〜という記事を読んで感動しました。記事の内容は、「俺はスパムだろうが何だろうがコメント、トラックバックは一切削除しない」という決意表明でした。実に漢らしく、新鮮な主張が、大学生らしい若々しい修辞とともに高らかにうたわれていました。それに何となく気合が伝わってくる熱い文章だったので、同じ漢として応援したくなり、トラックバックしました。



■トラックバックした理由

 簡単に言うと、向こうのブログに飛んだときに「最近のトラックバック」欄のトップが、

「エロ画像おま○こ検索(10/18)」←伏字にしました。念のため。

だったのを見て、あまりにかわいそうに感じたからです。いかにコメント、トラックバックは一切削除しませんといったって、これじゃあんまりだと思ったので、せめて「エロ画像おま○こ検索(10/18)」のインパクトが少しでも和らげばと思い、トラックバックをしたのです。

 それにしても、3ヶ月近くも「エロ画像おま○こ検索(10/18)」をさらし続けてがんばっているのですから、書生さんは有言実行の人であり、素晴らしいことです。言うは易し行なうは難し。言いっ放し書き散らしの無責任なブロガーが多い中、本当にえらいと思います。



■でも心配が…

 書生さんの心意気は良く分かるし、有言実行の姿には、同じ侠の者として涙するのですが、年齢制限をしないで「おま○こ」を伏字なしで放置すると、清廉潔白な人たちから非難されそうで心配です。
 たとえばこんな感じ↓
1.不備日報でも削除しません宣言

2.エロスパム来襲

3.宣言どおり放置

4.運悪くどこかの子供が不備日報にたどり着く

5.「おかあさん、おま○こってなあに?」

6.おかあさん、不備日報を閲覧、激怒

7.おかあさん、怒りのコメント投稿
「comment:はじめまして。初投稿でぶしつけですが、本日はあなたの運営姿勢に苦言を申し上げたく参りました。私は一児の母なのですが、本日娘に、あなたのブログで放置されている卑猥な言葉について質問を受けました。非常に困ります。インターネットは人様に見せるものですし、ホームページは家のようなものですから、低俗で卑猥な言葉は使わないようにしてください。よろしくお願いいたします。かしこ」

8.管理人、言論の自由の侵害だと反論
「comment:はじめまして。低俗で卑猥な言葉とはどれを指すのでしょうか?もしおま○このことを指すのでしたら気持ちは分かります。しかしながらわが国にはおま○こをおま○こと言って良い表現の自由がありますし、何よりも私はコメント、トラックバックを削除しない方針でやっていますので、おま○こ云々のトラックバックが来た場合には、おま○こ云々のまま残しておくことに決めているのです。おま○こという表現が嫌なら閲覧しないでください。うんこちんちん」

9.おかあさん、さらに激怒
「comment:ふざけないでください(…以下略)
 …こんなやり取りしてみたいなあ。すっげえ不毛なコメント欄の消耗戦。面白そうだなあ。



■とにかくこういうことを言いてえ

 書いてる途中で話が大きく脱線してしまったのですが、私が言いたいのは以下の内容です。余計なお世話を焼いてしまって申し訳ないけれど、なんか言いたくなったんです。

言いたい事
・書生さんの有言実行の姿はかっこいいと思います。よく分からんが感動しました。

・低俗エロスパムくらい削除しても、誰もあなたのことを変節漢呼ばわりしません。いや、私が呼ばせません。

・タイトルの説明文は「真実を見抜くブログ」より「俺はコメント、トラックバックを絶対削除しないぜ」とかの方がインパクトがあってよい。
 
posted by ちんこ寺 at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(1) | webの恐怖 b_entry.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/11437574

ちんこさん、がんばってください
Excerpt: いつも「不備日報」を楽しく拝見させていただいてます。 「[http://hubinippou.seesaa.net/article/11437574.html:title=書生さん、がんばってくだ..
Weblog: +LOVE 2.0+
Tracked: 2006-01-11 23:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。