2006年02月14日

冬季オリンピックに追加して欲しい競技を思いつきました

■トリノオリンピックを見てます(23:54)

 私は冬季オリンピックが大好きなので、最近テレビに釘付けなんです。それでさっき女子ハーフパイプを見てて気づいたんですが、なんか客席で服脱いで半裸になって応援している男子諸君がいるじゃないですか。しかもUSAとか国名を肌に明記して愛国心をあらわにする始末。寒いのになんでわざわざあんなことするんですかね?



■なぜ彼らは服を脱ぐのか?

 理由をいくつか考えてみました。

理由1:ただ目立ちたいから
理由2:愛国心ゆえに
理由3:ものすごく暑がりだから
理由4:自分の体を自慢したいから
理由5:競技中の女子選手に自分の体を見せることを人生の無上の喜びとしているから

 私としては「理由:5」が一番ありえると思ってるんですよ。多分彼らは、競技中の緊張の中で輝いている女子選手に自分の肉体を見せることにエクスタシーを感じているんです。もし純真な選手が彼らの裸を見て一瞬でも恥ずかしそうな表情を見せたら、彼らの偉大なる勝利なのです。彼らはその栄光の記憶を抱いてその後の人生を生きていくことでしょう。



■新しい競技の提案:男子ストリーキング

 せっかくだから観客席で脱ぐなんてセコイことしないで競技にすればいいと思いました。
 なぜ男子ストリーキングなのかというと、服を脱いでいたのが100%男性であったということと、女子ストリーキングをやると喜ぶ人が多そうで、競技としての純粋さが失われると思ったからです。



■男子ストリーキング実況

 以下、男子ストリーキングの実況を試みます。


実況『さて今回トリノオリンピックより正式競技となった男子ストリーキングがはじまります。オーストリアのボロン、スイスのブラーンが金メダル候補、中国の怒張頭が不気味な存在です。日本からは三瀬泰三選手が参戦しています。解説は羽田加駄郎さんとともにお伝えします。よろしくお願いします』

解説『よろしくお願いします』

実況『早速第一競技者、ロシアのフルチョンコフの演技に入ります。羽田加さん、このフルチョンコフですが、2005年の世界選手権大会で銀メダルを取った実力者ですね』

解説『ええ、フルチョンコフはシベリア生まれですから、寒さには強いですし、フィジカルの素晴らしさはもとより、メンタル面での強さ、安定性といったところでも非常に期待できる選手だと思います』

実況『さあ、フルチェンコフ、ロシア民謡「一週間の歌」にあわせて軽やかに入場、第一演技のトレンチコートに入ります。現在のところ、まだ大きな揺れはありません」

解説『第一演技のトレンチコートは共通演技となるわけですが、ここで注意したいのが、局部の露出ですね。コートとはやはり裸を隠すためにあるものですから、コートからあまりはみだしすぎてもいけませんし、逆に隠しすぎても減点になりますから注意が必要です』

実況『フルチェンコフ、袖を通して演技に入ります。まず右半身露出、次左半身、なかなかの滑り出しです』

解説『出だしはいいですね。フルチェンコフらしい挑発的な露出です』

実況『ここでペレストロイカ……、ああっと!はみだした?はみだしましたね、これはちょっと見せすぎてしまいました』

解説『ええ、これは痛い失敗です。あれははみ出しすぎですね。しかしまだ第一演技ですから、次のガウン、ブリーフ、最終演技の全裸でいい演技を見せることができればメダルは十分狙えると思いますよ』

-中略-

実況『フルチェンコフ、すべての演技が終了しました。前半のトレンチコートでのはみだしがありましたが、その後は持ち直し、力強い演技を見せてくれました』

解説『全体的に見れば非常にバランスの取れた演技だったと思いますね。特にブリーフのところで見せたビッグボーイエレクトは見事に決まりましたからね、期待は持てますよ』

実況『ここで得点が出ます……』

NOR:7.7 JPN:8.0 USA:7.4 CAN:7.6 FIN:7.6 total:38.3

実況『38.3です。メダルを狙うには厳しい得点が出ました。やはり最初の失敗が響きましたね』

解説『やはりはみだしの減点がありましたね。しかしビッグボーイエレクトやセクシーチョコレートは非常によい動きでしたから、後半だけを見れば十分に実力を出し切った演技だったと思いますよ』

実況『一回目の演技は不本意な得点に終わりましたがフルチェンコフ、2回目の演技で挽回を狙います』



■まだトリノオリンピックを見てます(01:29)

 この記事を書くのに1時間以上かかってしまいました。記事を書いている途中にも、男子スケートの一回目が終了してしまいました。

 悲しいのでもう寝ます。本当にありがとうございました。
posted by ちんこ寺 at 01:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 妄想 b_entry.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/13256832
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。