2006年08月26日

気持ち悪い壁に対する違和感と憎悪と嘲笑

子猫殺しに関するサド侯爵の見解

 これを書いたのは、今話題になっている子猫殺しの話の背後にある何か気持ち悪いものを、サド侯爵の視点を通して愚弄嘲笑してやりたいと思ったからなんですが、あんまり多くの人に読まれなかったので失敗でした。

 なんか作家の子猫殺しを弾劾する人たちの書いた物を眺めていたら、世の中に存在する分厚い壁みたいなものを感じたんです。そこでサド侯爵に思い当たったんです。サド侯爵はその過激な思想のせいで精神病院や牢獄にぶち込まれ続けた人なんですが、著作を見る限り彼は間違いなく変態であるけれども同時に明晰な頭脳と近代的発想の持ち主で、どう読んでも本物の狂人とは思えなかったんです。それを精神病院に閉じ込め続けた世の中の壁のようなものを、作家の子猫殺しを弾劾している人たちの書いたものに対して感じたんです。

 それで、そういう壁に私はすごく気持ち悪さというか違和感というか憎悪を感じたので、そういう壁を嘲笑するものを何か書きたいと思ったんです。でもただお前ら気持ち悪いっていうのを理屈で塗り固めてくそまじめに書いても壁を作っている人間と同じ事をしているだけでもっとも忌避すべき書き方だと思ったんです。

 そこで24日の記事を書いたんですが、あまり読まれなかったのでうまくいきませんでした。ただ、興味深かったという感想をもらえたことと、はてなブックマークのお気に入りが一人減ったこと(24日の記事に怒ってお気に入りから削除したとすればの話ですが)の2点は、ものすごく勇気づけられるというか、自分にとって収穫だったと思います。


posted by ちんこ寺 at 23:37 | Comment(6) | TrackBack(0) | webの恐怖 b_entry.gif
この記事へのコメント
サド語り、すごく面白かったけどなあ。あんまり読まれてないんですか。
慈善とか偽善とかで目を血走らせて正義を叫ぶ人たちは、結局自分に酔っぱらってるんでしょうから、死角からおしっこひっかけるのはとてもスマートで効果的なやり方だと思います。
Posted by おしっこ at 2006年08月27日 00:51
前回の記事、私も興味深く拝読しました。

誰かの発言や文章が異常心理の発露とみなされて、集団で吊るし上げられているのを見ると(凡庸な言い方ですが)恐ろしいです。だが、だからといって、ごくノーマルな倫理観を語ることが偽善だ暗愚だと反対側から弾劾されることも、同じくらい恐ろしいと感じる。
勢力の大小が違うだけで、受け入れられない人間を排斥しようとするその心理は同根だと思うもので。だから、ちんさんが
>もっとも忌避すべき書き方だと思ったんです。
と仰る点に深く共感しました。

こういうことを真面目に書くと、何歩も引いてメタで語るヤツが一番醜い、と両勢力から排斥されるんでしょうね、たぶん^^;
Posted by わたりとり at 2006年08月27日 01:20
おしっこさん

楽しんで読んでもらえてよかったです。
子猫殺し云々の騒ぎを読んで、これはサド侯爵に愚弄嘲笑してもらわねばと思ったんです。
あまり読まれなかったのは多分サド侯爵の名前自体が日本ではあまりメジャーでなくて、その思想が知られていないからかもしれません。だから、「サド侯爵の見解」と書かれても、あまりピンとこないのかもしれません。
Posted by ちんこ寺 at 2006年08月27日 01:36
わたりとりさん

異常なものがない文章など面白くもなんともないので、そういう点で坂東さんの記事が叩かれたのは非常に残念です。あまりこういう騒ぎが続くと面白い記事が読めなくなっていくのではないかと心配です。
いろいろ理屈つけてる人が多いですけど、多分あれはブログ書いている人に猫好きが多いからあんないわれようになっただけであって、犬だったらあれほど酷く言われなかったと思います。なんたる欺瞞、なんたる破廉恥。みんな坂東さんに窓から突き落とされればいいんです。
Posted by ちんこ寺 at 2006年08月27日 02:01
今回の騒ぎをうっすら見ながら、出合い頭の憤怒で興奮してしまう人が多い話題なのは分かるけど、もう少し我に返ったほうがいいのにと思っていました。やり方に芸のない人がほとんどだし。だからこそおしっこ効果あふれるちんこ記事にすごく共感できたわけですが、でも、サドじゃヒキが弱いんでしょうね。かくいう私もサド自体に興味があったわけではないですが、それでも読みごたえたっぷりだったし、とても秀逸なおしっこ記事だと思うのでもっと読まれてほしいですが、そのためにどうすればいいのかさっぱり分かりませんでした。ちんこさんがんばってください。
Posted by おしっこ at 2006年08月27日 03:05
サド侯爵の著作は面白いから、読んでみる価値はありますよ。あとあの記事を面白がってもらえたのは私の力ではなくサド侯爵や訳者の澁澤龍彦さんの功績です。あそこで書いた理屈や言い回しや饒舌すぎる長文スタイルはサド侯爵独特のスタイルを真似し、その理論を拝借しながら書いたフランケンシュタインの怪物みたいなものですから、私の独創ではないのです。
それにしてもサド侯爵は18世紀19世紀の人間よりも現代人にこそ読まれるべきものだと思っているので、これからも機会があったら紹介していきたいです。
Posted by ちんこ寺 at 2006年08月27日 11:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。