2005年06月29日

日本の童話 桃太郎 【さ行抜き】

「さ行」と「ざ行」の不備

今回は言葉が足らないまま長文を書く訓練のため、日本の童話「桃太郎」をタイトルの通りの禁句でやってみた。お供のうち二匹の名前を書けぬのがつらいので、適当に当てはめたら他の生き物になった。

1 桃

遠い遠い過去、あるところに翁とおばばがおった。どこだがは分からぬ。翁は山へ薪拾いに、おばばは川へ衣類の洗い物に行った。おばばが川につくと、川上から大きな桃がどんぶらこどんぶらこと流れてきた。おばばは驚きあわて、何となく桃を持ち帰った。


2 桃太郎

おばばは翁に桃の件を報告、翁は驚いたが、気を落ち着けて野太刀でもって桃をぶった切る。あはれ桃は真っ二つ。だが桃には、運良く両断を免れた赤ん坊が詰まっていた。これには翁もおばばも驚愕あるのみだった。ちょっと間をおいて気を落ち着けた翁は言った。

「この赤ん坊は天からの賜りものだ。桃に詰まっていたので、桃太郎と呼ぶ」


3 夜盗

時がたった。桃太郎は発育がよく、村一番のつわものとなった。
だがある日、村に夜盗が現れて放火強盗を働き、鬼と呼ばれ怖がられた。村人の何人かは天に昇り、女は連れて行かれた。夜盗はたびたび来た。これに桃太郎は怒った。

「きやつらめ、肉を食らっても足りぬは」

桃太郎は村人を呼んで討伐隊を組むつもりだったが、怖がって誰も来なかった。桃太郎はまたも怒った。だが怒ってばかりではどうにもならぬので、一人で夜盗討伐に向かった。村人は遠慮がちに見送った。


4 いぬ

怒りながら道を行くと、桃太郎は山犬の群れに囲まれた。桃太郎、ここで食われてはならぬと太刀を振り何匹かを斬り、山犬と向かい合う。

「犬ども、どけ。これより夜盗どもを討伐に行くのだ」

これに山犬の頭目が答えていわく

「夜盗討伐か。我々も縄張りに踏み入られ困っている。連れて行け」

犬どもは横っ腹につけたキビ団子を勝手に奪い取ると、問答無用で桃太郎についてきた。

inu.bmp
↑犬


5 ゴリラ

また旅を続ける桃太郎一行の前に、なにやら人に似て人にあらぬ者が現れた。かのものいはく

「旅の方、我は名前が使えない言葉を含むゆえ、我が何者なのか皆目分からぬ。どうか名前をつけかえていただきたい」

桃太郎、答えていはく

「お前の名前は分かる。だが喉に引っかかって出てこぬ。代わりにおのれの仲間の中で剛の者の名前をつける。おのれは今からゴリラだ」

桃太郎が名づけるや否や、人にあらぬものは山のように大きく膨れ、胸をたたいていはく

「おお、われはゴリラ、力が湧き上がってきた。このゴリラめもお供に」

LowlandGorilla.jpg
↑ローランドゴリラ


6 グリフォン

再び旅を続ける一行の前に、またもや名前の分からぬ鳥が現れた。桃太郎はピンときた。

「鳥よ、お前のことは分かっている。あまり強くなく、役に立つと思えない鳥だったと思う。だがおれはコツをつかんだ。強くなれるように名づけてやる。お前はグリフォンだ。異国に伝わる鳥どもの王よ」

「おお、前の名前と比べ物にならぬほど強くなったような。ありがたい。あなたについてゆこう」

180px-Griffon.png
↑グリフォン

ここに至って、桃太郎は負ける気が全く起きなくなった。意気揚々と夜盗討伐に向かった。


7 討伐

いぬ、ゴリラ、グリフォンを連れた桃太郎は、夜半、夜盗の砦にたどり着くなり、真っ向から戦いを挑んだ。桃太郎が門番を斬ると、グリフォンが櫓ごと見張りどもの首をもぎ取った。ゴリラが門をぶち破ると山犬の群れが砦に突入、夜盗どもの喉笛を食いちぎった。首が飛ぶ、腕が飛ぶ、胴が飛ぶ、砦はまるで阿鼻叫喚の巷となり、あはれ生き残りの夜盗どもは散り散りに逃げ散った。

明け方には逃げ散った夜盗どもの首も桃太郎の前に並べられ、砦も粉々になった。討伐は終わった。ただ村の女たちも何人かが砦と共に粉々になったのが悔やまれる。


8 大団円

とにかく桃太郎、いぬ、ゴリラ、グリフォンは、夜盗どもの略奪品と女たちをつれて村に戻った。
村人は半ば驚き、半ば喜んだ。
めでたいめでたい。
posted by ちんこ寺 at 02:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 昔話 b_entry.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/4705606
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。