2005年09月11日

悪徳の美学 バカ三十六計 其の六 敗戦の計

大団円。ところでさっき、近くの本屋でマクルーハンの「メディアの法則」4500円を見つけ、発作的に買った。高かった。これはよく読んで記事にしなければ。バカ三十六計なぞ早く終わらせねばと思い立ち、筆を執った。

元ネタ
三十六計

前回までのあらずじ?
悪徳の美学 バカ三十六計 其の一 勝戦の計
悪徳の美学 バカ三十六計 其の二 敵戦の計
悪徳の美学 バカ三十六計 其の三 攻城の計
悪徳の美学 バカ三十六計 其の四 混戦の計
悪徳の美学 バカ三十六計 其の五 併戦の計



●第三十一計 美人計
敵国の王様の下に美女を送り込めば、敵の弱体化を図ることができる。

自ブログのプロフィール欄等に女性の写真を貼って、関心を買う策である。しかし、男性諸君イカ臭いアクセスの向こうにいろいろな妄想が渦巻いていることを覚悟しなければならない。



●第三十二計 空城計
こちらが弱小であるときにさらに弱小に見せるアクロバティックな策が空城の計である。これにより敵を疑心暗鬼にすることができる。

わざと脇の甘いところを見せて、敵に「こいつは真性バカか?」と思わせて追及の手を緩ませる。これにより不名誉なレッテルを貼られると同時に、その場しのぎをすることができる。しかし、自分が本当にバカだと思われている場合は効果が極めて薄くなる危険な策だ。



●第三十三計 反間計
敵のスパイを二重スパイとして使うことで情報戦に勝つ。

成りすましを駆使して敵および敵の常連さんに迷惑をかける。この計を使うことで、相手に徹底的に嫌われ、アクセス禁止や「IPさらすぞ、ゴルァ!」を引き出すことができるかも知れない。



●第三十四計 苦肉計
自分をわざと傷つけて、偽装投降を相手に信用させる。

自分はバカですどうしようもないですとイジけて同情コメントをもらう。この計を使うことで短期的にコメントをもらえてうれしいなと思えるが、あまり使いすぎると「またか」と思われるだけなので注意が必要。



●第三十五計 連環計
いくつかの計略をつなぎ合わせて敵を破る。

くだらないトラックトラックバックを送り続けて敵を奔命に疲れさせる。この計と他の悪辣な計を連動させて敵を粉砕せよ。



●バカ三十六計大団円 第三十六計 走為上
以上の計を用いても勝てそうにない場合は逃げるにしかず。

以上が悪徳の美学バカ三十六計である。もしあなたが上記の三十五計を見かけたら、走為上(逃げるが勝ち)である。決して関わってはならない。もし関わるならば、自分もバカの烙印を押される危険性を十分認識して関わるべきだ。基本的に華麗にスルーが吉なり。三十六計逃げるにしかず。

また、自分がバカの三十六計に類する行為を行っている場合、速やかにやめるべし。間違いを改めることは恥ではない。本当の恥は間違いを認めないことであり、自分はもしかしたらバカではないかと疑うことを知らない姿勢である。


posted by ちんこ寺 at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | webの恐怖 b_entry.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。