2005年10月14日

ブログでできる簡単視力検診

インターネットの閲覧による眼精疲労は、現代人にとって、避けて通れない宿病であると言えます。
私たちは常に固定されたディスプレイ上の文字を追うことに必死になり、視覚情報を得る唯一の器官である目へのいたわりの気持ち、感謝の気持ちを忘れがちです。

そこで下の「ブログでできる簡単視力検診」を用意しました。

この視力検診では、下の3種類の大きさの「c」を見ることで、自分が今どれだけディスプレイの見すぎで目をやられているかを知ることができます。



●「ブログでできる簡単視力検診」使用方法

1 PCの電源を入れ、このページに飛んでディスプレイから2m離れ「c」の見え方を確認する。

2 1時間置きにディスプレイから2m離れ下の3種類の大きさの「c」の見え方を確認する。

3 PCの電源を切る前にディスプレイから2m離れ下の3種類の大きさの「c」の見え方を確認する。



以上の方法で確認し、PCを開いたときより「c」が見づらくなっていないかどうか逐次確認することで、眼精疲労の進行度合いを自覚し、適切な時間でPCの使用を切り上げることができるようになります。

それでは、検診をはじめましょう。


c








c









c





●自己診断の手引き
2m先から見て、上から2番目の「c」の見え方が、はじめの診断時よりぼやけて見える、または見ようとすると疲れる、といった症状がある場合、あなたの目はかなり疲労しています。無理をせずに目を休めましょう。

一番下の「c」が、画面に目を近づけないとよく見えない場合は、あなたの目は非常に疲れています。すぐに目を休めましょう。

一番上の「c」が、はじめの診断時にははっきり見えたのに、今はぼやけてよく見えないという場合、あなたの目は急激に視力を失いつつありますので、すぐに最寄の眼科の診察を受けてください。
posted by ちんこ寺 at 01:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | webの恐怖 b_entry.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。