2005年11月22日

ブログで文章を読ませる101のコツ

001.書き出しのコツ:人の注意を引いたり、議論を呼びそうな言葉を使いましょう。
002.段落のつけ方:一段落にたくさんの意味を詰め込み過ぎないように注意しましょう。
003.表現の工夫:格言や慣用句を有効に使い、あきさせない文章にしましょう。
004.ほのめかし:直接的な表現だけでなく、余韻の残るような文章を書きましょう。
005.倒置法:読者に深い印象を与えるために使うのだ、倒置法を。
006.推測:もうそろそろみんな読んでないだろ。そうに違いない。
007.先生それは違うと思います。僕は下線部が3段落目ではなく4段落目に……。
008.とりあえず、まだ文章の長さは一定に保っておく必要がある。なぜならば、
009.あまり短い文面だとそこが目立って、いんちきを書いていることがばれるからだ。
010.また、途中で適当にもっともらしい文面を入れておくとなお良い。たとえば下記。
011.記法の統一:ですます調と「だ、である」の統一と一人称の統一が不可欠です。
012.最近宇宙ヒッチハイクガイドをアマゾンで買ったんだけど、この本すごく面白いよ。
013.まあ、あれだ、お前の言いたいことも分からないでもないけどさ。
014.ポストモダン主義の本質を一言で言い表すことは難しい。なぜならば…続く。
015.盗むな、傷つけるな、殺すなの法三章のみとする。
016.どっちにしろあと80個以上書かなきゃいけないんだろ。ふざけんなよまったく。
017.マーシャル・マクルーハンは本当に凄い人だと思う。この人の本もっと読みたい。
018.しまった、はてなブックマークで補足されたら、キーワードが浮かび上がってきて、
019.ここら辺のいんちきがばれてしまう。どうしよう。せっかくここまで書いたのに。
020.まあいいや。なるようになるさ。そう思うだろ?そうなって欲しいし、そうなるべきだ。
021.スヴォーロフ元帥は、軍事的指導者としてはナポレオンに匹敵する。
022.ひさかたのひかりのどけきはるのひにしずこころなくはなのちるらん。
023.ジョン万次郎は、海難事故で遭難後、運良く拾われてアメリカにわたりました。
024.よっぽどのことが無い限り、あなたの与太話は間違っていると思いますよ。
025.起承転結をはっきりさせる事。この基本に沿えばわかりやすい文章に。
026.起:人に読まれる文章を書くとは具体的になんなのでしょう?考えて見ましょう。
027.承:読まれる文章を書くときに注意しなければならないことは、起承転結が鮮明に…
028.転:やめだやめだ、読まれる文章とはとか、ハウツーに頼ってるようじゃだめだよ。
029.結:結局人に読まれる文章を書くというのはどういうことか分かりませんでした。
030.たまにはまじめにやろうと思ったんだ。偉いでしょ。やっぱだめですか?
031.そういえば私は坂口安吾のひねた文章が大好きです。なんかすきなんだよな。
032.ダグラス・アダムスも好きです。あそこまで不条理を展開するのは天才です。
033.今日もまたトラックバックのスパムが来たので悪態をつきながら消しました。
034.夕ご飯は中華風肉野菜炒めと雑穀入りご飯を食べました。おいしかったよ。
035.おいもう11時過ぎだぜ、まだ35かよ。本当にうんざりするぜ。disgustingだぜ。
036.名探偵コナンの最終回が夢オチならいいな。親に相手にされない孤独な少年の
037.白昼夢なの。ラン姉ちゃんも毛利のおっさんもコナン君の頭の中にしかいなくて
038.あの人たちはコナン君が思い描く理想の家族像なの。悲しい物語だよね。
039.突然ですが私は「良識」という言葉が嫌いです。廃止しろと心から思う。
040.この書き方読みづらいでしょ。どうしてこうしているかというと、いんちきが
041.ばれないようにしたいから。最初の方だけまじめに書けば不注意な人は気づかず
042.生命、宇宙、そして万物に対する究極の答え
043.(041の続き)ああ、この書き手は貴重な時間を割いて文章の書き方を知らせて
044.くれているんだなと勘違いして感謝くれるんじゃないかと思ったわけです。
045.ここまで読んでくれた人は本当に忍耐強くて、寛容で、優しい人だと思います。
046.ちょっとほめすぎたか。でもこんな目がちかちかする物を書いた私は悪いです。
047.今風呂に入ってきました。心も体もリフレッシュ。これは文章を書くときに重要。
048.やっぱり何かに煮詰まったり壁に当たったときは風呂に入って心機一転が一番。
049.注意:次の050はまじめに書きます。キリのいい数字だけ読む人がいるからです。
050.共感の喚起:読ませるためには、誰しもが同意できる要素を用意すべきです。
051.整合:人は文章を読む際にその前後を読みます。前後の文脈の整合性に注意。
052.あ、049もまじめにやるべきだった。でも過ぎたことは仕方ない。前向きに行こう。
053.私は外国のビールが好きです。前の家の近くにビール専門店があって入り浸って
054.いたからなんですが、外国のビール(特にヨーロッパ)は奥が深いですよ。
055.アサヒ、サッポロ、ヱビスでおしまいではなくて、何百種類のビールがある。
056.私のお気に入りはシメイ・ブルーです。3年物が一番おいしいみたいです。
057.西洋のビールは、ワインのように寝かせることでいい味を出すものがあるんです。
058.みなさんも、西洋のビールの奥深さをぜひ試して下さい。後悔はさせません。
059.この項目は無断リンク禁止です。なんとなく言ってみたかったんです。
060.せっかく風呂に入ったのに、もう何を書くか悩み始めました。まったく困り者です。
061.スターウォーズの新三部作は気に入りません。普通のSFとしては面白いのかも
062.知れないけれど、旧三部作と比べると見劣りする。あとCGの使いすぎだよ。
063.殺陣も劣るな。ただ光る棒切れを振り回してるだけに見えるのが残念。
064.まともな立ち回りを見せたのはダース・モールの人だけじゃないかなと思う。
065.正解は、三浦安針でした。
066.狂器の包丁や鍵などが、近くの森林で見つかりました。
067.辞表を提出して自宅謹慎中で、ストレスが溜まっていたと話しています。
068.滝川クリステルは独特の気品を醸していると思う。実際どうなのか知らんが、
069.テレビ画面でああやってオーラを発することは大変なことだと思うよ。
070.その点下手な人気タレントよりもよっぽど「テレビ向き」なんじゃないかな。
071.地図を作成してる人は偉いと思う。多分気の遠くなる作業をしてるんだろうな。
072.ちょっと前の話だけど、ipodの一ヵ月後に新作出すのはずるいと思う。
073.なりふりかまわずと言う感じでえげつないなあ。王者には王者の戦い方をして
074.欲しいです。本当におねがいします。ここで言っても詮無いことだが。
075.よし、4分の1終わったぞ。絶対やり遂げる、最後までやってみせる。
076.のどごし生。キリン一番しぼり。ウォークマンコネクト。瞳に潤い。
077.ここからは、ごらんのスポンサーがお送りします。
078.オモコロっていうサイトがあるが、そこの取り組みは評価すべきだと思う。
079.ここのブログのリンクから飛べるので、ぜひいってみてください。
080.サイン、コサイン、タンジェント。42°。42℃ではない。
081.NHK教育で深夜にやってる放送教室等の番組は、下手な人気番組より面白い。
082.おい、もう日付が変わってしまったよ。今日中に仕上げようと思ってたんですが
083.すみません、なにぶん風呂に入っていたもので…。いいえ、サボっていたなんて
084.とんでもございません。こうして一生懸命働いておりますです、はい。
085.カルロス・ゴーンがテレビに出てる。相変わらず元気だなあ。
086.次は87です。この数字のおかげで沢山の人が来てくれました。大感謝です。
087.87
088.思い出深い数字なんですよ。だから目立つのを覚悟で↑みたいにしたんです。
089.作業員が安易にやっとったという反省はあります。
090.スヌーピーって優れたマンガだと思う。シュルツっていう人は優れた文学者だった。
091.華氏451はいい作品だと思いますよ。華氏911の題名はパロディとして不出来。
092.浜離宮です。間違いありません。浜離宮でした。新宿御苑でもあります。
093.正しい文章を書くためには体を鍛える必要があります。ヨーガを推奨します。
094.歩くのは大変です。右足を出せば次は左足を出さなければならないのですから。
095.汝病めるときも健やかなる時もアンジェリーナ・ジョリー。何か混ざりました。
096.甘い初恋の思い出。浜辺を走る二人、遠くで銃声。太陽がまぶしかったから。
097.もうそろそろまじめに書かなくては。最初と最後だけ読む輩がいるからだ。
098.推敲:何度も読み直し推敲することで、客観的な視点で文章を見直しましょう。
099.名文に触れる:古今の名文をひたすら読み親しめば、自身の文章も磨かれます。
100.傾聴する:批判や意見は真摯に受け止め、内省し、次の文章に生かしましょう。
101.結び:汝自身を知れ。己の本性を知り、それに逆らわずに文章を書きましょう。

ソレデハミナサン、アテブレーヴェ、オブリガート。
posted by ちんこ寺 at 00:21 | Comment(6) | TrackBack(1) | 博物誌 b_entry.gif
この記事へのコメント
ありがとうございます。このコツをマスターしたおかげで、カリスマブロガーになれました。慎重も3センチ伸びました。感謝に堪えません。
Posted by LSTY at 2005年11月22日 16:38
×慎重→○身長でした。もっと慎重に書くべきでした。すいません。
Posted by LSTY at 2005年11月22日 16:39
 慎重が3センチ伸びることは、身長が伸びることと同様に良くあることですので、気にやむことはありませんよ。ただ科学的には、どちらに3センチ伸びたのかが重要です。

 そういえば、この記事にも誤変換や書き間違いがいくつかありましたが、ついさっきどこを間違ったのかを忘れてしまいました。狙ってやったわけではないので、大変心配です。
Posted by 陳居士 at 2005年11月22日 18:08
なにこれ〜〜

こんなに読まされるくらいなら
あたしゃブログやめるわ〜〜((((;゚Д゚))))

ウソ(笑)でも長いのでぼちぼち読む。
Posted by kumi at 2005年11月27日 03:06
先生、100まで読んで、やっと名文のコツが
わかりました(・∀・)

読む人のことなど考えるのはやめます。
Posted by kumi at 2005年11月27日 15:13
kumiさん

 すばらしい気づきです。
 読む人のことを考えろというのは、日本の国語教育の悪しき恥部です。
 読む人のことを考えていたら、ブログに恥ずかしい記事を垂れ流すことなど、到底できるはずがありません。読む人を気の毒に思ってしまうからです。
Posted by tinkoji at 2005年11月27日 17:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/9643691

??????違????腴?????с???????井????帥??????????
Excerpt: <img alt="" src="http://kupppy.s57.xrea.com/cancheer/gallery/LivedoorBlog_mini.jpg" width="70" height="70" border="0" />
Weblog: 紊?????????
Tracked: 2006-01-22 03:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。