2005年07月26日

昔話 こぶ切除じいさま【ら行 わ行抜き】

むかしむかし、おおきなこぶ持ちのじいさまがいた。こぶがいつできたかは不明だ。こぶはじいさまの右頬に生え、動くたびにゆっさゆっさとなったが、じいさまは気にする風でもなく、陽気に生活していた。

ある日じいさまは山に出かけ、酒ひっかけてうとうと眠くなっていたが、気がつくとなんだか楽しげな拍子が聞こえてきたではないか。じいさまは気になってしまい、拍子の音のほうへと、よたよたと向かっていった。

ようやくついたと思い、じいさまが酔った目で覗くと、そこには大勢のお医者様が酒宴中だった。じいさまはとても幸せな気持ちで酒宴に混ざった。

「お医者様お医者様、この爺めも酒席に混ぜてください」
「どうぞどうぞ、ま、一杯やってください」

じいさまは酒が好きだ。いい気になってしこたま飲む。ちょうどいい気持ちになってきたとき、お医者様たちがじいさまのこぶが気になると言いだした。
「じいさま、そのこぶはどうしたのですか」
「酒とたばこは控えてください」
「血圧、とってみましょう」
「悪性だとまずい、切除しましょう」
「そうだ、オペだ、オペをしよう」
「手術箇所が脳に近いので局部麻酔のほうがいいかな」

瞬く間にじいさまは手術台に乗せられてしまった。じいさまは酔って気が大きくなって、医者ごときかかってこいやという気持ちだったので、別に気にする風もなく、手術を受けた。

「血圧は安定しています」
「術後の経過は良いほうですね」
「七日ないし十日後に抜糸します」
「酒とたばこは控えてください」
手術が無事に済むと、じいさまは化膿止めと痛み止めの薬剤がじいさまの手に。
じいさまもこぶには特別に愛着もなかったので、ただで手術してもらえたので得だったと思った。

じいさまは家につくとさっそく、友達に夕べの出来事を話した。じいさまの息が酒臭かったので、みな最初はガセ扱いしたが、じいさまのこぶがないのは確かなので、嘘ではないようだということで、この話はたちまち拡大していった。


さて、この話に影響された人の中に、もう一名、こぶ持ちのじいさまがいた。都合上、こぶ切除じいさまが「じいさまA」、もう一名が「じいさまB」と呼ぶことにしよう。

じいさまBはこぶのことが気になってしょうがなかった。悪性腫瘍ではないかと思っていたのだ。じいさまBのじいさまも、そのまたじいさまも、悪性腫瘍でこの世を去っていた。そういう経緯で、多くの治癒方法を試していた。

そこにじいさまAのこぶ切除の話である。じいさまBは息せき切ってじいさまAに会いに行き、山に入っていった。

じいさまBが山で待つと、またお医者様の宴がはじまっていた。
じいさまBはさっそく話しかけた。

「もし、お医者様…」
じいさまが仔細に話す事情が、お医者様を動かした。

「そうですか、悪性腫瘍が気になるのですな」
「CTでみましたが悪性ではないですよ」
「この後も悪化することはないでしょう」
「しかしこぶの重みで背骨が右に曲がって腰のゆがみが発生しています。もう一個こぶをつけて平衡を保つようにしましょう」
「酒とたばこは控えてください」

さっそくオペがはじまった。
「君、使用可能なこぶの数は」
「三つです」
「うむ、では最も良い状態のこぶで移植しよう」
「メス、Oマイナス、静注、縫合」

手術は成功した。じいさまBは左右の頬にこぶが付き、化膿止めと痛み止めの薬剤がじいさまBの手に。
じいさまBは前にも増して顔が重くなった。

しかし、じいさまBは幸福だった。こぶは悪性腫瘍ではなかったのだ。悪性腫瘍への恐怖がなくなった今、何も気にせずにすむ。こぶなど、また切除手術を頼めばよい。じいさまBは左右のほほを、いとおしげに抱きつつ、澄み切った笑顔で家路についた。

めでたしめでたし。
posted by ちんこ寺 at 20:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 昔話 b_entry.gif

2005年07月15日

日本の昔話 鶴と青鬼と間に合わなかった赤鬼【や行抜き】

おめかしして恩返しをするつもりが、なたを振り回す男に追いかけられた鶴は、必死の思いで山に逃げ込み、泣きぬれた。しかしいつまでも泣いていられぬ、何かが間違っていたに違いないと思い直した鶴は、近くの山林に住む知り合いに知恵を借りることにした。


鶴が当てにした知人とは、山奥に住みそのいかつい顔つきから、村人の間で「青鬼」と恐れられている男である。同じ村八分の境遇の青鬼ならば何かいい知恵をもらえるのではないかと鶴は考えていた。早速相談すると、親切な青鬼は一計を案じた。
「この青鬼が村を荒らす。そこで鶴どのに出てきてもらい、村人達の前でこの青鬼を追い払えば、村人の尊敬を集めることができ、恩返しもできるのではないか?」

まるっきりマッチポンプだし、第一に鶴には青鬼を倒す腕力など無いので、芝居を打つにも不自然だ。鶴は不安がった。しかし、いくら二人で頭をひねっても、それ以外特に策が思いつかぬので、早速計画を実行に移すことにした。


しかし計画はうまくいかなかった。目指す村を間違えた青鬼は、別の村で暴れた挙句、村に住む鶴そっくりな若い女の息吹で凍らされた。遅れて到着した鶴が見たものは、自分に瓜二つの女にカチンコチンに凍らされた青鬼の姿だった。

鶴は怖くなって逃げ出した。何もかも忘れて南へ行こう、変なことに首を突っ込んだ私が馬鹿だったと思い、鶴は南の湿原へと飛んでいった。
それ以来、村の沼地には鶴が一羽も来なくなったそうな。


一方、誰もいなくなった青鬼のもとに、もう一人の訪問者が来ていた。桃太郎に滅ぼされた夜盗の残党である。彼は己が血で真っ赤になりながら、青鬼にかくまってもらおうと命からがら逃げてきたのだ。

しかし、青鬼は恐ろしい氷の精によって凍らされ、無残な姿に成り果てていた。なんてことだ、もうじきあの化け物たちが追ってくるかもしれないのに、自分は孤立無援だ。夜盗の残党は青鬼の氷の前で泣いた。


ところで村人に自分の身元を気づかれずに青鬼を始末した氷の精は、それからも幸せに村で暮らしました。めでたしめでたし。
posted by ちんこ寺 at 02:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 昔話 b_entry.gif

2005年07月12日

日本の伝説 鶴の雪女【ま行抜き】

1 遭遇
遠い過去のことだが、猟師の親子が吹雪に遭い、山中に立ち往生した。横殴りに吹きつける雪は、熟練した山岳の猟師親子さえも太刀打ちできず、この様子では凍死するかと覚悟したとき、運良く小屋を発見し、中に逃げ込んだ。

猟師の親子は小屋の中で火を熾し、暖をとりながら吹雪をやり過ごすことにした。

しばらくして、子は刺すような冷気のせいで意識を取り戻した。どうやら寝ていたらしい。先ほど熾した火も消え、灰がくすぶっているばかり、なぜか小屋の戸が開いて外気が入り込んでいる。そして父のほうへ視線をやると、なんだか白い霧が父の上にかぶさり、顔から生気が引いていくところだった。

子は、父は死んだなと直感した。白い霧は父から生気を奪うと、次は子の方へ近づいてきた。近づくにつれて靄は何かの形を取りはじめ、子の近くについたころには若い女性の姿となった。具体的に言うとフェイ・ウォンそっくりだった。

子の前に立ったフェイ・ウォンに似た霧は、子の顔を覗き込むと言った。
「年軽的人、現在不殺。説話不要許把面見我誰。要是説話就死」
子は、このフェイ・ウォンが何を言っているか全然分からなかった。しかし、この出来事を人に話したら殺されるんだなということは、場の雰囲気でなんとなく察して、震えているのかうなづいてるのか分からない返事をした。やがて白い霧は消えた。


2 運命
気がつくと、吹雪はやんでおり、親は凍死していた。子は己の親を殺した昨夜の雪女を恐れ、憎んだ。
時を前後して、隣の山では罠にかかって身動きの取れない鶴が親切なおじいさんの勘違いで笠を被せられて息絶え、その隣の山では同じように罠にかかった鶴が、判断力の衰えていない男に助けられていた。二羽の鶴の間には何の相関を見つけることができず、単に偶然が生死を分けたといえる。


3 とりかへばや
さて運良く助けられた鶴は冬の冷気を避けるため中国大陸から飛来し、知人の家を渡り歩きながら南国へと旅する途中だった。鶴は助けてくれた男のことを忘れられなかった。そこで恩返ししたいと考えて里に降り、人間の女の姿になって、新調の純白の服を着、ばっちり化粧して、それらしい男の家を訪れた。

鶴が戸をたたくと、男が出てきた。しかし男の顔は鶴の姿を見るなりこわばった。
鶴は挨拶した。
「午安。請留下一个晩上住」
さらに男の顔に憎悪の表情がありありと表れた。鶴はうっかり使い慣れた大陸の言葉を使ったので言葉が通じず、不審がられたのかと心配したが違っていた。
男は持っていたなたを振りかざして叫んだ。
「おのれ親の仇、この場で討ち果たしてくれるわ」

鶴は狼狽した。何がなんだか分からずに錯乱して逃げた。鶴は二つの失敗を犯していたことに気づかなかった。一つは相手を勘違いしたこと、二つは自分の姿が男の親を殺した雪女にそっくりだったこと。不注意と不運が重なって鶴は、なたを振りかざす男に追いかけられることになった。

鶴は悲しさと悔しさで泣き濡れたが、この誤解を放って置くわけには行かぬと決心し、山地に居る知人を訪ねて相談することにした。同じころ、久しぶりに遭難者に会って人恋しくなった雪女は、里に下りて男を捜し、勘違いして鶴を助けた男を訪ね、男と結婚した。鶴を助けた男は、吹雪の日の小屋での出来事を知らないので、その事件が言及されることは二度と無く、言葉の壁を超え、雪女と末長く幸せに暮らした。

つづく
posted by ちんこ寺 at 02:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | 昔話 b_entry.gif

2005年07月07日

童話 幸福の地蔵 【は行抜き】

1 諸行無常
おじいさんの家でお坊さんたちが地蔵になった怪事件から、数世紀が経ちました。おじいさんも家もすでになく、お地蔵様たちは盗掘人の手によって遠い国に売りだされました。具体的に言うと、後のアイルランド共和国の首都でした。

街のみんなが珍しがったので、街を見下ろす小高い丘が、お地蔵様たちに用意されました。市民からお地蔵様に、西洋傘と手ぬぐいが送られ、とても大切にされました。


2 衆生
小高い丘に安置されて数日後、お地蔵様たちが丘の上で語り合いました。
「ここからだと衆生の苦しみが良く見える。あの川岸の子を見よ。病で寝たきりにもかかわらず、貧しさのあまり薬も貰えず医者にもかかれず、ただ川の水を飲んでお迎えを待っておる」
「いかにも。あのような心根の優しい子を見殺しにすることなどできぬ」
お地蔵様たちは夜中、子供の家にこっそりと金銀財物と米俵を置いてかえりました。そのとき子供のお母さんが、徹夜で金持ちのためのドレスを縫う内職をしていましたが、石がごろごろ転がるような音に気づいて扉を開けると、金銀財物がザックザク。「これで薬が買えるわ。神様ありがとうございます」

この調子で、お地蔵様たちは衆生を次々と救っていきました。


3 鳥
ある夜のこと、スズメ目の黒い鳥が、お地蔵様の足元に止まりました。お地蔵様が鳥に向かって言いました。
「頼みがある。時計台の隣の長屋に若者がおる。殊勝にも街の劇団のために劇を書いておるが、貧しくて米も買えず、文字も書けぬくらい衰えている。どうかわしらの代わりにお釈迦様のありがたい教えを伝え、劇を完成させる手伝いをしてやってくれぬか」
「お安い御用です」


4 オスカー・ワイルド
劇作家の若者が飢えと創作に苦しんでいると、スズメ目の黒い鳥がやってきて、ありがたい教えを伝えました。
「ありがとう、これでたくさん小説やら劇やらがかけるよ」
憑かれたように劇を書き綴ってゆきました。
後年、有名になる作家、オスカー・ワイルドの若いときの姿がこの若者でした。


5 鳥の死
オスカー・ワイルドのたっての願いで、鳥が繰り返しありがたい教えを伝えることになりました。しかし、鳥にとって冬季の寒さを生き抜くことができないので、南に行かなければならなくなってきました。ワイルドが泣いてお願いしました。
「鳥さん、お願いだ、行かないでくれ。今ちょうど売れてきたところなんだ。今行かれると困る。頼む」
優しい鳥がワイルドの願いを聞いてあげました。しかし、冬季の長期滞在が鳥の寿命を縮め、鳥は死にました。自責の念に駆られたワイルドにとって、鳥にしてあげられることがありました。鳥と自分の体験を元に童話を書くことです。この童話で、地蔵が王子に、金銀財物と米俵がルビーや金の欠片に、オスカー・ワイルドが匿名の劇作家として描かれていますが、世界中の感動を呼ぶ童話となりました。


6 業
鳥のおかげで売れっ子作家になったワイルドも、初心を忘れ調子に乗って書いた「サロメ」がキリスト教をコケにしていると攻撃されたり、当時禁止されていた同性愛が見つかり、2年間に渡り投獄されたりして、失意のうちに世を去りました。
お地蔵様たちも、助けてあげた貧しい子供のうちの誰かがIRAの闘士になり、テロに巻き込まれて壊されました。お地蔵様たちをお参りに来た英国首相を火薬の炸裂で殺害する計画に巻き込まれ、火薬を仕掛けられたのです。

そんな下界の様子を、お釈迦様が天から見ておりました。

めでたしめでたし。
posted by ちんこ寺 at 01:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 昔話 b_entry.gif

2005年07月06日

昔話 つる地蔵 【な行抜き】

むかしむかし、傘売りお爺さんがいました。ある日、お爺さんはいつも通り売れ残った傘を持って雪道を帰りました。途中、トラバサミが引っ掛かって身動きが取れずもがく鶴を見つけました。
「あはれあはれ、雪が積もって寒そうじゃ。」
お爺さんは鶴を覆う雪を払い、傘を被せてあげました。お爺さんは老眼で、トラバサミがよく見えませんでした。しばらくして、鶴は凍死しました。凍死する直前、鶴は思いました。「トラバサミを外してくれ」

ところで、お爺さんは帰ると早速、お婆さんを相手取り、鶴救出劇を話しました。お婆さんは言いました。
「それはそれは、良い事をしました」
お爺さんはいいました。
「ただ今日も傘は売れず。これでは年を越せるか心配じゃ」
さして心配あらずという様子でいいました。二人はしばらく年をこせるか心配する様子でしたが、考えても無駄と思い、二人はたくわんをポリポリ食べ、お湯をすすって寝ました。お爺さんはお茶で口をすすぐ癖がありました。

深夜、二人は戸を叩く音で起きました。
「どうしたことだ、もう深夜じゃよ」
不審がって戸を開けると、お坊さんたちがいました。服装から旅行中だと分かりました。
「雪で迷いました。一晩泊めてください」
「それはお困りでしょう。たいした食べ物もありませんが、寝所はあります。おはいり下さい」
お爺さんはお坊さん達を泊めてあげました。お坊さん達は御礼をいいました。
「ありがとうございます、助かります。ただ寝所は絶対、除かないで下さい」
奇妙でしたが、お爺さんは了承しました。もともと深く考えないお爺さんです。不思議を感じてもすぐ忘れました。

さてお坊さん達が寝所に入ってしばらくすると、ゴットンゴットンと、石が倒れる音がします。お爺さんは恐ろしさと心配さ半々で寝所を垣間見ました。するとどうしたことでしょう。さっきまでいたお坊さん達はおらず、部屋一帯、お地蔵様が転がっていました。お爺さんは驚きました。
「おお、ありがたや。功徳を積まれたお坊様たちが、お地蔵様へと変化されたか」
超常現象を信じるお爺さんは感激し、お地蔵様を祀り、おばあさんと毎晩拝みました。
めでたしめでたし。


次回へと続く。




posted by ちんこ寺 at 02:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 昔話 b_entry.gif

2005年07月03日

かぐや姫 【た行抜き】

1 孟宗の翁

ここに翁がおる。孟宗刈りの翁なり。ある日、翁は孟宗の林に入り、刈りごろの孟宗を探しあぐねながら、光る孟宗を発見せり。翁、大いにびっくりする。光る部位を試みに斬る。さすれば中には白刃を免れ幸運にも傷のない三寸くらいの女の子がおる。翁は驚愕し、女の子をおんぶし帰る。


2 姫
娘は成人するのに12週間しかかからずにきれいな女の子になりおる。命名「かぐや姫」。かぐや姫のこの世のものならぬ美は周囲の男(おのこ)を魅は了し、言い寄る者数知れず。なかんずく言い寄りおるのは5人の貴族なり。姫は大いに迷惑する。


3 試練
5人の貴族は言い寄る。「結婚せえへんか」
しかしかぐや姫は、こんなやからの求婚は迷惑千万、無理な条件を投げかける。
かぐや姫曰く、「釈迦の石の容器、蓬莱の宝玉の木の切れ端、火鼠の皮衣、龍の頸の宝玉、飛燕の子安貝、これらのもの用意すれば結婚する。なお、飛燕は三式戦にあらず」これらは皆、この世に無い架空の物。しかし5人の貴族、好色家の名にかけて試練に向かう。


4 釈迦の石の容器
この試練に向かう貴族は釈迦の石を探し海を越え、唐土(もろこし)、シャム、ビルマをさまよう。さまよいながら人生の虚しさに思うものあり、釈迦の教えに生きる喜びを選ぶ。かぐや姫なぞ忘れ、ビルマに骨をうずめる。


5 蓬莱の宝玉の木の切れ端
そんなものは端からないのを知る貴族は、創作意欲に燃え、自ら設計し、職人に製作させる。意気揚々、姫に見せるも、偽物呼ばわりされ大いに怒る。「わしの作品が気に入らん者なぞ嫁にもらう気はない」
その後、彼は美に目覚め、「ピアノに寄る少女たち」「風景の中の裸婦」を描き上げる。その後も印象派の巨匠に目され、平安貴族界の鬼才の名をほしいままにする。


6 火鼠の皮衣
皮衣製作をもくろみ何回もねずみを焼くが、うまくいかぬ。試行錯誤の苦しみの中に、ねずみへの贖罪の念を抱くようになる貴族はアメリカへ行き、ロサンゼルス近郊のアナハイムに、ねずみの楽園を開く。


7 龍の頸の宝玉
数々の冒険の末、宝玉を7個そろえ、龍にお願いし不老不死を入手。しかしそのおかげで、不死のまま世界を永遠にさまよう羽目になる。最後の目撃例は1542年のハンブルクの司教。


8 飛燕の子安貝
この貴族は、戦局挽回を期して三式戦「飛燕」を製作。液冷式エンジンの最新鋭軍事用飛行機を世に送る。1945年、沖縄上空に戦死する。


9 衛星
求婚者もいなくなり数年。猛暑の時期にかぐや姫は浮かぬ顔。心配する翁に、かぐや姫曰く、
「我はこの星の衛星に住む者なり。もうすぐ迎えが来る。それが悲しい」
翁は驚愕する。娘はねじが外れしか?


10 遭遇
その日、かぐや姫が衛星に帰るのを見に野次馬が黒山のように翁の家近辺に集合。またUFO評論家勢ぞろいし、今夜来るのは何式UFOぞ、喧々諤々の議論になる。翁や姫をはじめ、空を見上げること数時間におよび、空に異変が起きる。空中に光る何かが見えるや否や、金属の船が翁の家に落下する。衛星降下に失敗せるアポロ13号なり。かぐや姫は落下に巻き込まれ、死せり。しかし、この奇跡の生還は、「輝かしい失敗」の栄誉を受け、人類史を飾るものになる。


終章 不時の山
そのころ日本最高の標高を誇る山にも船が緊急落下せり。ミールなり。それ以降、かの山は「不時の山」の名を受ける。
posted by ちんこ寺 at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 昔話 b_entry.gif

2005年06月29日

日本の童話 桃太郎 【さ行抜き】

「さ行」と「ざ行」の不備

今回は言葉が足らないまま長文を書く訓練のため、日本の童話「桃太郎」をタイトルの通りの禁句でやってみた。お供のうち二匹の名前を書けぬのがつらいので、適当に当てはめたら他の生き物になった。

1 桃

遠い遠い過去、あるところに翁とおばばがおった。どこだがは分からぬ。翁は山へ薪拾いに、おばばは川へ衣類の洗い物に行った。おばばが川につくと、川上から大きな桃がどんぶらこどんぶらこと流れてきた。おばばは驚きあわて、何となく桃を持ち帰った。


2 桃太郎

おばばは翁に桃の件を報告、翁は驚いたが、気を落ち着けて野太刀でもって桃をぶった切る。あはれ桃は真っ二つ。だが桃には、運良く両断を免れた赤ん坊が詰まっていた。これには翁もおばばも驚愕あるのみだった。ちょっと間をおいて気を落ち着けた翁は言った。

「この赤ん坊は天からの賜りものだ。桃に詰まっていたので、桃太郎と呼ぶ」


3 夜盗

時がたった。桃太郎は発育がよく、村一番のつわものとなった。
だがある日、村に夜盗が現れて放火強盗を働き、鬼と呼ばれ怖がられた。村人の何人かは天に昇り、女は連れて行かれた。夜盗はたびたび来た。これに桃太郎は怒った。

「きやつらめ、肉を食らっても足りぬは」

桃太郎は村人を呼んで討伐隊を組むつもりだったが、怖がって誰も来なかった。桃太郎はまたも怒った。だが怒ってばかりではどうにもならぬので、一人で夜盗討伐に向かった。村人は遠慮がちに見送った。


4 いぬ

怒りながら道を行くと、桃太郎は山犬の群れに囲まれた。桃太郎、ここで食われてはならぬと太刀を振り何匹かを斬り、山犬と向かい合う。

「犬ども、どけ。これより夜盗どもを討伐に行くのだ」

これに山犬の頭目が答えていわく

「夜盗討伐か。我々も縄張りに踏み入られ困っている。連れて行け」

犬どもは横っ腹につけたキビ団子を勝手に奪い取ると、問答無用で桃太郎についてきた。

inu.bmp
↑犬


5 ゴリラ

また旅を続ける桃太郎一行の前に、なにやら人に似て人にあらぬ者が現れた。かのものいはく

「旅の方、我は名前が使えない言葉を含むゆえ、我が何者なのか皆目分からぬ。どうか名前をつけかえていただきたい」

桃太郎、答えていはく

「お前の名前は分かる。だが喉に引っかかって出てこぬ。代わりにおのれの仲間の中で剛の者の名前をつける。おのれは今からゴリラだ」

桃太郎が名づけるや否や、人にあらぬものは山のように大きく膨れ、胸をたたいていはく

「おお、われはゴリラ、力が湧き上がってきた。このゴリラめもお供に」

LowlandGorilla.jpg
↑ローランドゴリラ


6 グリフォン

再び旅を続ける一行の前に、またもや名前の分からぬ鳥が現れた。桃太郎はピンときた。

「鳥よ、お前のことは分かっている。あまり強くなく、役に立つと思えない鳥だったと思う。だがおれはコツをつかんだ。強くなれるように名づけてやる。お前はグリフォンだ。異国に伝わる鳥どもの王よ」

「おお、前の名前と比べ物にならぬほど強くなったような。ありがたい。あなたについてゆこう」

180px-Griffon.png
↑グリフォン

ここに至って、桃太郎は負ける気が全く起きなくなった。意気揚々と夜盗討伐に向かった。


7 討伐

いぬ、ゴリラ、グリフォンを連れた桃太郎は、夜半、夜盗の砦にたどり着くなり、真っ向から戦いを挑んだ。桃太郎が門番を斬ると、グリフォンが櫓ごと見張りどもの首をもぎ取った。ゴリラが門をぶち破ると山犬の群れが砦に突入、夜盗どもの喉笛を食いちぎった。首が飛ぶ、腕が飛ぶ、胴が飛ぶ、砦はまるで阿鼻叫喚の巷となり、あはれ生き残りの夜盗どもは散り散りに逃げ散った。

明け方には逃げ散った夜盗どもの首も桃太郎の前に並べられ、砦も粉々になった。討伐は終わった。ただ村の女たちも何人かが砦と共に粉々になったのが悔やまれる。


8 大団円

とにかく桃太郎、いぬ、ゴリラ、グリフォンは、夜盗どもの略奪品と女たちをつれて村に戻った。
村人は半ば驚き、半ば喜んだ。
めでたいめでたい。
posted by ちんこ寺 at 02:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 昔話 b_entry.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。